オンライン相談2019-01-24T22:47:38+09:00

行動の科学に基づく「本当に有効な学習」をご家庭で。

行動分析学とは

行動分析学は、米国の心理学者スキナー(Skinner BF:ハーバード大学教授:1904-1990)が確立した、個人と個人を取り巻く環境との相互作用に着目し行動を分析することで、行動の原因を明らかにしていこうとする心理学の一つの学問です。現在は、子育て、教育、医療、福祉、企業コンサルテーションなど、さまざまな場面で活用され、成果をあげ、それらの応用領域をまとめて「応用行動分析学(applied behavior analysisABA)」といいます。実際の場面では、「ABCフレーム」という行動随伴性の枠組みで行動を分析し、それぞれの課題に対し有効な介入を行なう事で、成果をあげていきます。

共感コミュニケーションとは

共感コミュニケーションは自分の内側にある感情とニーズ(願い)を認識し、同時に相手のニーズにも傾聴しながら、お互いのニーズを満たそうとするコミュニケーションの技法のひとつです。近年米国のマイクロソフト社に導入されたことで脚光を浴びていますが、元々は紛争解決などの場面で活用されていました。親と子、夫と妻といった一番近くで毎日を過ごす存在だからこそ、そのコミュニケーションの在り方が関係性の質を決定していくと考えています。わたしたちは共感コミュニケーションを軸に人が幸せに生きていくための様々な叡智を取り入れ、ご家族の幸せをサポートいたします。

ABAオンライン子育てコーチ

行動分析学に基づき、子育ての中でのお子様の行動的な悩みを、オンラインコンサルを通して解決致します。

コースの説明

行動分析学は、行動に関する全ての課題に貢献することができます。特に、発達の遅れなど言葉や学習に関するお子様への指導法や、かかわりの研究が多く行われ、成果をあげています。かぞくるでは、訪問型の療育や学習指導にて、行動分析学の行動の原理を用いたサービスを行っていますが、エリアや時間帯が合わず、訪問指導を受けることができない方や、ご家庭で効果的な指導方法を実践したいという多くのご家族の方の声を伺い、オンラインによるご家族向けコンサルティングコースを開設いたしました。

コースの詳細

  • 対象:2歳~小学6年生までのお子さまの保護者の方。
  • 内容:お子さまの発達や学習の課題に対し、ABAに基づく効果的な指導法やかかわり方をお伝え致します。
  • アセスメント:初回1時間無料。(アセスメントにより、個別指導計画作成致します。)
  • 1回30分~1時間のオンラインコンサルを月3回行い、適宜課題の更新や見直しを行います。
  • メールでのご相談は、いつでもお受けしております。

料金

1ヶ月10000円(税抜)

◆共感コミュニケーション パートナーシップ コース(2019年4月スタート)

共感コミュニケーションを軸にパートナーシップ(関係性)を見つめていきます。

コースの詳細

  • 対象:夫婦・パートナーとのコミュニケーションにお悩みの方
  • 内容:1回40分のオンラインカウンセリングを月に3回行います。
  • 月1回のオンラインのグループ相談会にもご自由にご参加頂けます。
  • メールでのご相談は、いつでもお受けしております。

料金

1ヶ月15000円(税抜)