4年間に及ぶ引きこもりを克服した後の話(1)

2019-03-03T21:50:20+09:00

今日も前回の続きです。A君のセラピーはその後も継続し、今は私とだけではなく、ご家族や、ヘルパーさんとも公園、コンビニ、レンタルショップ、本屋さんに行けるようになり、お外も楽しいと思えるようになってきているようです^^なんてこった!素晴らしい! この間は、お家で分からなかった算数の問題を私が説明して、A君が理解できた時に、「わかった~!」と声をあげて、本当に嬉しそうな表情をしているのをみて、「あれ?あんなに抵抗していたけど、A君お勉強楽しそう、、!!」と思い、その日セラピーが終わった後に、 「A君本当はお勉強すきでしょ~?」 と聞いてみたら、、 「うん。たぶんね。好きかも。」 と答えてくれて、、!もう本当に、涙が出そうになりました。 2ヶ月前まで鉛筆を持つことも困難で、お勉強なんて到底できなかったのに、短期間でここまで成長してくれて、Aくんの成長に毎度驚かされてばかりです。 まだまだ反抗も強いし、泣いたり、叫んだり、お勉強も私としかできないけど、それでもここ数ヶ月のA君の変化には目を見張るものがあります。 A君や、彼だけでなく子どもたちみんな、どんどん成長していけるし、もっともっとできるようになるよ、って心から信じられるは本当に子どもたちのおかげです。(前回も似たようなことを書いたけれど、毎回そう思います。) もう少ししたら、A君も小学校の前まででも行けるかな~と考えてますが、どうかなあ!様子を見て、いいタイミングでチャレンジしてみようね。 またブログで報告したいと思います^^